女性の強い味方、産後の体型を取り戻すためのガードルの効果とは

骨盤の状態

出産後の骨盤は、妊娠前の骨盤と比べ緩んでいます。通常の骨盤の状態は逆三角形の形をしていますが、出産後は台形の形をしています。
骨盤の下部部分が横に広がっているため、緩んだ状態となっているのです。
こうした骨盤の緩みはホルモンが分泌することで元に戻っていきますが、運動不足や食生活が変化している現代は、元に戻りにくいという体質となっています。
骨盤の緩みを放っておくと、皮下脂肪が溜まりやすく、胃や腸の内蔵が骨盤の中に垂れてしまいます。
また、骨盤周りの筋肉が弱くなることで下腹部が出てしまい、痩せにくく、太りやすい身体になってしまうのです。

こうした骨盤の状態が続くと、さらに体質も変化してきます。
生理不順や冷え、肌荒れ、便秘や下痢といったことから、不妊にまでなってしまう可能性があります。
妊娠前の健康な身体が、産後の骨盤の緩みで不調が出やすい身体へと変化してしまうため、産後のガードルは必要不可欠なのです。
産後に装着するガードルは、シェイプアップ効果も取り入れたガードルが多くあります。
お腹から太ももにかけて装着していきますが、きつい締め付け感ではなく、自然に装着することが可能です。
色も、白、ベージュ、黒といったオシャレに差し支えない色が取り揃えられているため、安心して使用できます。
ファッション性が高く、形や色も選ぶことができるため、抵抗なく装着することができるのです。
自分に合ったサイズを選び、骨盤を矯正しましょう。


無理しない

出産後、早く骨盤を元に戻したいと言って、ガードルをキツく締めてしまう人がいます。ガードルをきつく締めると歪みを悪化させてしまう可能性があるため、無理せず自分に合ったサイズを選びましょう。

この記事の続きを読む

装着する時期

産後のガードルの使用は、出産して2カ月ほどが最適な時期と言われています。出産後すぐはホルモンの状態が安定しないため、体質が安定する2カ月後に装着するのが効果的です。

この記事の続きを読む

エクササイズをする

産後のガードルは骨盤を元に戻すために必要不可欠なことですが、その他にもエクササイズを取り入れることで効果を維持することができます。ガードルを装着しながらエクササイズを取り入れましょう。

この記事の続きを読む